FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

自分に委ねる③
さあ、一昨日からの①、②の解説、
と言うより、
そこからの極めて大切なポイントを明示する。

もちろん、ここで展開する話に医学的根拠はないので
話半分に聴いておいてほしいが、
いつも通り、本気モードに変わりはない。

その男のアプローチとプロセスの中の、
3つの側面にフォーカスする...
①見よう見まねのツボ押し
②ジンジンと温かくなる掌
③導かれるように定まり、移動する指

今回は、優れたボディワークについての話。
☆本当は、セラピー一般やそれに類するワークなど、
 普遍性のある考えだとは思うが、話が大きくなり過ぎるので絞る。

一般的に、
整体、指圧、マッサージなどのボディワークは、
あくまで体だけを対象にした技術のように思われている。

しかし、優れたボディワーカーは、そこにとどまらない。
先の男がそうであれば、
上記①~③をこんな風に言い換えることが出来る。
①(狭義の)ボディワーク
②(気功やレイキなどの)エネルギーワーク
③(潜在意識を熟知した)ヒプノティックワーク

普通の真面目なボディワーカーは、①にとどまる。
しかし、経験と知識の蓄積は、時に思い込みを激しくする。
癒えない体に疑問を持ち始めたら、見えないものが気にかかる。
そこで、②に行くのは順当。
さらに、人間の心理の奥の奥、どうやらもっと凄いらしい...
えいやっと飛び込めば、もう③の虜(笑)

「優れた」とは言うものの、
それは所詮、クライアント、患者、お客さんが決めることなので、
①~③に優劣が厳然とあるわけじゃないことだけは、断わっておく。

この①~③については、
一人のボディワーカーの中に混在している、
当人がどれだけ自覚しているかは別として...

あなたが贔屓にしているボディワーカーは、
どんな比率だろうね...
反対に、気に食わなかった理由もわかってくるよ(笑)

実はこの話、ここで終わらない...
この①~③に、肝心要をプラスしなきゃ、
まとまるものもまとまらない。

続きは明日(笑)

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記