FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

愛おしくなるほどに
ここしばらく左肘の裏がピンポイントで痛くて、
心当たりもないから、
まさか、先日の『もう一人の「梅ちゃん」』の頃の古傷が
この年齢になって初めて疼き出したのか、
なんて思い巡らしていた。

ようやく、原因がわかった(苦笑)

最近、眠る前に、仰向けになって、
その日の心身の疲れをふっ切るつもりで、
大きく息を吐きながら、
屈した両腕を、ドスンと体の脇に落としていた...

脱力する感じが、気持ち良かったんだ、
多分最初のうちは(苦笑)
そして、それが癖になっていた。

本当に何やってるんだろうね、
自分で自分の体を傷めるなんて...
左肘が健気で、愛おしく想えたよ、
心の底から申し訳なさがこみあげてきた(苦笑)

でも、どうして左だけなのか...

やっぱりこういう理解に落ち着く、
 幼稚園の頃の、
 まさにこの左肘関節の複雑骨折による3ヶ月の入院、
 個人病院ならではのボクの傍若無人は、
 一見、自由奔放で楽しそうには見えたが、
 やはり淋しかった...
 
インナーチャイルドの叫びが、
この痛みとともに、
先日の「梅ちゃん」の話も書かせたのだろう。

そして、もう一つの意味も感じた、 
 本当の自由は、そんなもんじゃない...
 
肘の痛みには、
「自由への希求」という意味もあるからね(笑)

 ごめんね、許してね、ありがとう、
 愛してるよ...

痛みを経て、今、自由になる...
いや、自由だ!

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記