FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

意識の諸相④
一昨日から、すっかり栗本色に染まってる(笑)
大学の頃に戻ったようだ...

経済人類学的都市論、暗黙知理論、
まだまだやりたいところだけど、
とりあえず今回でいったんしめる。

TVタレント教授、あるいは、ニューアカデミズムの旗手、
今日は、もう一つの顔を覗いてみる...

カール・ポランニーの名著『大転換』になぞらえるように、
20世紀末に向けて、彼自身も、大転換を遂げ始めた...
先ずは、政界への進出により国会議員となった。
さらに、学問的態度の延長ではあったものの、
太陽の黒点活動や精神世界への言及による、
今で言うアセンション的文明論を展開し始めた...

ここでかなりの栗本ファンが減ることになったのは事実。

ボクには当然の成り行きだったので、
臆することなく読み続けた...

たとえばこんな理由から...
・彼の父は、最高裁判所の裁判官でありながら極めて高い霊感を有し
 そのことの証を幼い頃から見知り、受け入れていた。
・経済人類学そのものが、文明論であり、
 その対象は超領野的である。
・暗黙知を語る時の有名な言葉
 『人は、語ることよりも多くのことを知っている...』
  見えないもの聴こえないものについて語るのは、当然な態度。
・フロイトやユング、マッハはもとより
 クリシュナムルティやラジニーシ、カスタネダ、
 バシャールなどにも、早い時期から言及している。

当時の本はこんな感じ...
『幻想としての文明』(講談社、1990年)
『人類新世紀終局の選択-「精神世界」は「科学」である』
 (青春出版社、1991年)「人類は思考する“金魚"である」文庫
『大転換の予兆 21世紀を読む』(東洋経済新報社、1992年)
『加速する変容』(扶桑社、1991年)
 ※吉本隆明、石原慎太郎、中沢新一との対談。

しかし、来たる21世紀を目前に倒れた...脳梗塞だった。
政界からもマスコミからも消えた...

奇跡的な回復の途中に、
持ち前の探究心により、脳梗塞に関する研究を重ね、
サプリメント、リハビリ器具も開発した(笑)
しかし、表舞台に立てるような状況には程遠かった...

『栗本は終わった』...と去って行ったみなさん、
終わったのはみなさんの○○かもしれない...

彼は現在、有明教育芸術短期大学の学長に就任し、
その傍ら、さらなる経済人類学的文明論を展開し始めた、
読まないと損するよ(笑)
『脳にマラカスの雨が降る 脳梗塞からの生還』
  (光文社カッパ・ブックス 2000年6月)
『栗本慎一郎の脳梗塞になったらあなたはどうする
 -予防・闘病・完全復活のガイド』(たちばな出版、2000年)
『脳梗塞、糖尿病を救うミミズの酵素
  秘密は血管を浄化するミミズの酵素にあった!』
  (たちばな出版 2001年4月)
『血栓を溶かし梗塞を予防しよう 驚異の酵素の発見』
  東京農大出版会 2001年3月
『パンツを脱いだサル-ヒトは、どうして生きていくのか』
 (現代書館、2005年)
『シリウスの都 飛鳥 日本古代王権の経済人類学的研究』
 (たちばな出版、2005年)
『シルクロードの経済人類学 日本とキルギスを繋ぐ文化の謎』
 (東京農業大学出版会、2007年)
『ゆがめられた地球文明の歴史
 「パンツをはいたサル」に起きた世界史の真実』
  (技術評論社、2012年)

ボクは、彼の脳梗塞を、
ひと足早いアセンションだと理解している(笑)
何たって、彼は、仮面ライダーのキャラクター開発に
たずさわってもいたのだから、変身はお手の物だ(笑)

栗本慎一郎氏については、この辺でやめておく...
後はたっぷり読んでください。

ボクのヒプノ水脈の一つが栗本慎一郎氏であり、
後、確実に二つの水脈があるのだけど、
これはまたいつか...
名前だけあげておく、野口晴哉氏、高橋信次氏...


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記