FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

「うとうと」活用法
催眠と睡眠を混同させるようで申し訳ないが、
「うとうと」することを通じて、
催眠や潜在意識に馴染む要領を伝えたい。

眠りが足りていないときはもとより、
電車に乗ったり、テレビを観ているときなどに、
不意に「うとうと」はやって来る。

そのまま、本格的に眠ってしまうこともあれば、
何も無かったように目を覚ますこともある...

そして、そんなわずかな時間に、
夢のような映像を観て心癒される人もいれば、
ある問題の解決のヒントを得る人などもいる、
もちろん、映像だけではなく、
アイデアやメッセージそのものが
言葉や感覚として、ダイレクトに伝わってくることもある。

その状態こそ、軽い催眠(潜在意識が優位な)状態で、
すぐに睡眠状態に移行してしまう可能性もあるが、
セッションではないし、それはそれで構わない(笑)

このクリエイティブな瞬間は、誰にでも訪れるものなので
使わない手はない。

瞑想や自己催眠と言えばハードルが高くなるが、
この状態の有効性を経験的に知っている人は、
ビジネスの現場などでも、当然のように使っている。
傍から見たら、ただ目を瞑っていたり、
眠っているようで、わからないだけだ。

みなさんも、「うとうと」し始めたら、
少し姿勢を安定させ、
しばらく自分の呼吸に意識を向けていくと良い。
そうするうちに、まどろみの中にも注意力が生まれ
何かと出会うことがあるかもしれない...
先ずは、お試しあれ!
その姿は神々しくもあるよ、イエスや釈迦のようにね(笑)


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記