FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最後の一押し
最終的に、あらゆる問題は、
自己選択、自己責任の範疇の中に入って行くのだけど
やっぱり、逡巡しているときなどは、
最後の一押しが欲しくなる。
後で、その一押しに感謝することも多々ある。

一般的に、誰かに相談をもちかけられたら、
しかも、その相談事が、
何かを大きく変更する、あるいは、新しく始めることなどであれば、
出来るだけ、首尾よく事が運ぶように、
真剣かつ詳細に検討し、
時には、そのリスク要因により、
考え直すように説得する場面も出て来る。

ボクの場合、余程の頓珍漢でなければ
良いじゃん!で、おしまい(笑)

無責任のように聞こえるかもしれないが、
本人はもうどこかで決めてるだろうし、
ボク自身が、結果に頓着していないのでそういう返答になる...
もちろん、成功を祈ってはいる。
一押しの役割を演じてるとも言えるかな(笑)

だから、逆に、ボクが相談をもちかけたら
こんな風に言ってほしいんだ、
「良いじゃない、最高だよ!
 きっと上手くいく、すぐに始めなよ!」

ボクの気持ちを、敬服する橋本治風に言えば、
「とめてくれるな友人知人、親戚一同、
 背中をポンと押してくれ、男ヒプノセラピストどこへ行く」(笑)

はい、十五日参りに行ってきます!

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記