FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

記憶を継ぐもの
今住んでいる所は、土地持ちの人が多い地域なので、
遊ばせていた土地や屋敷を、
いきなり更地にしたりするのを見かけることがある。

もちろんその後には、
新築の戸建てやマンションが建てられる。

請け負った業者は、急ピッチで作業を進め、
何の未練もなく屋敷を取り壊していく...
通りすがりの人も興味深げにその光景を眺める。

数日のうちに、すっかり均され空っぽになった土地に
異彩を放つ存在が一つだけ、取り残される、
小さな社や祠の類だ...

施主、業者ともども、おいそれとは扱えない。

昔からいろいろな怖い話もあるが、
今回は別な視点を供する。

たとえそれが、施主の家系に由来するものであっても、
その発端には、必ず、その土地の記憶との連携、継続がある。
その有無は極めて重要だ...

何が重要だと思う?

「この土地を、お前(人間)の土地と思うな、
 しっかり預かり、また、次の者に渡すのだ」

こんな声が聴こえて来ないか、
土地の記憶を継ぐ存在...

思い出した!
以前ここで、『あるお婆さん』の話をした。
その時、ボク自身に関わる二柱の存在を告げられ
こんな話をしてくれた、
「○○さまはの、人が家を建てる時には、
 必ずいらっしゃる神様での...」

グラウンドは、
ゼロと呼ばれても、決して何も無くなったわけではない。

合掌


追伸
先日、大きな岩を何とか持ちこたえて
今やLA一番の力持ち、○○さん、
お誕生日おめでとうございます(笑)
みんなで笑って来年を迎えるべく、
頑張って行きましょう!
後は、おっちょこちょい注意報かな(笑)
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記