FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大切な脇道
目の前で、蓮華座を組んでいるその人は、
かなり長い間、沈黙の中に静謐な雰囲気を漂わせている...
しかし、その心の中が、
ずっと平穏無事であったかどうかは、当人のみぞ知ることだ...

瞑想において、
心に去来する煩悩の嵐は、
起こるに任せることが得策である、と誰もが指摘する。
その構造的理解をもって、良しとする。

あるいは、マインドフルネス的アプローチにより、
今ここ、にあることで、
嵐の目のど真ん中に立つことも素敵なことだ。


今日は、あえて脇道を選ぶ。

瞑想が、エゴを解き放ち、
真我の世界に浸るその道筋であるならば、
あえて、他者を引き入れてみる、
しかも、全くの見知らぬ他人が良い。

そして、その他人の幸せと安寧を、一心不乱に祈るのだ...

瞑想は、悟りや覚醒、あるいは特異なビジョンを渇望するあまり
時に、エゴを強化してしまう恐れがある...

だからこそ、
全く見知らぬ他人の幸せを、ただひたすら祈るのだ、
今日はその日にふさわしい...

様々な立場や思惑もあるだろう、
しかし、
ボクは生き残った側だ、というただその一点で祈りを捧げる。

瞑想と祈りは矛盾しない。

合掌

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記