FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ギプス少年
自分が自分に抱いているイメージと
他人が自分に抱いているイメージは、
結構違ってることが多い。
過去にさかのぼれば、さかのぼるほどに...

ボクは、自分を広島の完璧な野球少年だと思ってはいたが、
以前ここでも書いたように、
幼稚園の頃から中学卒業まで、
何度となく骨がらみのケガをくり返してきた。
肘、手首、指、程度の差はいろいろだが
言うなれば、ギプス少年にも見えたはずだ(苦笑)

骨折であれ、ヒビが入ったのであれ、
実際のところ、医者は最初の手当を終えるとやることはなく
後は、ギプスと患者のリハビリ頼みとなる。

その間、定期的に湿布やガーゼなどは取り替えてくれるものの
ギプス本体はそのままで、
長期間に及ぶと、かゆみとともに匂いも発し、
評判はすこぶる悪くなる、
経過如何によっては、
ギプスそのものは、削られる憂き目にもあう...

それでも、ようやく完治し、ギプスから解放される時
初めてその恩恵に気づく。
少しほっそりした腕や指がむき出し状態になって、
ギプスの頼もしさを感じ、感謝の念がこみ上げてくる(笑)

療養中に、よくギプスに寄せ書きなどをするが
もし今度そのような機会に接したら、
ギプスそのものに感謝のメッセージを伝えてみる、
こんな調子で、
「あなたとはいつも短いお付き合いだけど
 そんなわずかな間でも、安心して過ごせることが出来る、
 本当にありがとう、
 でも、もうボクのところにはやって来ないでね...
 そうだ、あなたの名前は、ジプシーにも似てるね、
 長居は無用、てことかな...」

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記