FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ガス抜きにあらず
この夏、
古代史と現代史の本を併読し、
いつの時代も、
その世界を構成する人間の配置と物事の顛末は、
表も裏もひっくるめて、似たような動きを取っていることに、
感じるところが多かった。

もちろん、目に見えるものだけではなく、
理性や感情など、意識についても、大きな隔たりなどない...

と言うことは、
心理療法なども、名前や手法は違えど、
はるか昔から、一定の役割を担ってきたはずだ。

ここで、ふと考える...

その役割は、本当に、
存在するに値するものだったのか...

時の権力におもねってはいなかったか...
民を選別する思想をまき散らしたりはしなかったか...
自己研鑽を怠り、常套句に安穏としていなかったか...

今ここに引き戻す...

当然、この問いかけは、自らに課すものである。

心理学や脳科学の知見を頼りに構築された数多くの心理療法、
また、その中のヒプノセラピー(催眠療法)...

現代における役割とは何なのか...

答えは、各人各様で良い。

今のボクは、こんな風に答える、
「ガス抜きなんかじゃない、
 むしろ、覚醒の白き炎を燃やす、先ずその一投目だ」

さあ、その覚悟を持って、一日参り!

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記