FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (161)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

やっつけ仕事
ここまでネットが普及してくれば
学生の夏休みの宿題も、やりようによれば
すんなり行きそうな気もする...

しかし、実地、手先を使うものに関しては
なかなか他人任せには出来ない、
親などに託してしまえば、バレバレだしね(笑)

不器用なボクは、いつもこの時期、
図画工作の宿題のみを残し、焦りまくっていた...

アイデアが浮かんだとしても、
絵にも描けない、ましてや、形にするなど、望むべくもない。
いやいや、時間はもっとない...

小学五年生の今頃、
隣り近所、一学年上の幼馴染と、工作のアイデア出しをしていた。
その時、目に止まったのがお徳用マッチ。
これで何とかしようと、考えたのが、
マッチ棒で作るイス...あ~あ、情けない(笑)
カブトムシ一匹座れるほどの大きさ、
用途は不明だが、この作品の売りは、
「使い終わったら燃やせます!」だって(苦笑)
今なら、エコとか何とか言えそうだけどね。

まあ、とにかく二人でやっとの思いで仕上げて、
始業式を待つばかりとなった。

当日、始業式を終えて、教室に戻り、
順々に宿題の山を提出し、
それとは別に、工作の作品は、
自らが、教室の後ろに展示することとなった。

手提げ袋を覗いて、愕然とした...
イスの面影などほとんどなく、
ただのベトベトしたマッチ棒の束が、袋の底に眠っていた...

みんなが誇らしく展示する隅っこで、
涙をこらえて、かすかな面影を頼りに、
全面的な修復作業に集中するしかなかった...
「じゃけぇ工作嫌いなんじゃ」とボヤキながら。

やっつけ仕事は、所詮こんなもの、
自分で始末をつけなくちゃならない、
当時の自分には、
そのことが夏休み一番の勉強になった、はず(笑)


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記