FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

「自己肯定」の位相
カウンセリングやセラピーの現場のみならず
一般的な問題解決の文脈においても、
基本的な心構え・態度として、
「自己肯定」という表現が使われる。

 その時、どんな困難な状況・状態であれ
 先ずは、自己を貶めることなく肯定し、
 取るべき対策を取る、という意味合い。

概ね問題ない。

しかし、時々こんな声も聞かれる...
「それって、単なる自己正当化じゃないの...」
「周りのこともよく考えて欲しいんだけどね...」

あながち外れていない批判だ...
これには理由がある。
「自己肯定」にも2種類あるのだ、

1.エゴによる、知識や経験に基づいた相対的な肯定。
2.真我による、自己存在そのものの絶対的な肯定。

1が、批判の対象となるのは当然。
各人各様の意見が、全くの一つにまとまるなんてことは
期待するのが無理なこと。
自己、あるいは他者との間で、肯定否定を永遠にくり返す...

2においては、1の状況に戯れながらも
決して、その静謐なる存在がブレることはなく
肯定、肯定、全肯定となる。
なぜなら、そこには比べる何ものも存在しないからね。


こういう概念的な話は、
頭で理解するより、体感した方が良い。

1については、どこか後ろめたさが付きまとい、
2には、爽快感が後押ししてくれる...かな(笑)


スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記