FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (31)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (102)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

灼熱の氷河
子どもの頃は、
「南の島の人はいいなあ、何にもしなくても
 木の上からバナナとか落っこちてくるんだ...」
なんて本気で思ってたし、

逆に、
「寒い国の人は、いつもうつむき加減で 
 楽しいことなんてあんまりないんだろうなあ...」
とこれまた勝手な想像をしていた。

四季に恵まれ、
しかも、それほど極端な差がない広島で生まれ育ったからこその
のんきな思い込みだった(笑)

現在、日本のみならず、世界でも
「温暖化」、「氷河期」という、
真反対の意味の言葉、状態が取り沙汰されることがあるので、
ボクなどは、つい子どもの頃の感覚に戻って
どっちかと言えば「温暖化」の方がいいなあ、なんて
全く非科学的で無責任な思いを抱いてしまう(苦笑)

もう、あんまり深刻なことなど考えたくないのが本音。

こういうことを書くのは、やっぱりここ数日の猛暑のせい。
暑さをしのぎ、休み、眠り、食べることしか考えられない。

でも、これでいいんだろうね。
四季の移ろいは、そのまま、
顕在意識と潜在意識の比率の移ろいでもあるんだろうから...

「温暖化」と「氷河期」がミックスされたら
きっとドライアイスみたいな
派手で扱いにくい世界になってしまうのかな...
でも、面白そう(笑)

さあ、気合いを入れ直そう!
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記