FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (31)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (102)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

全部抱きしめる
さも当然のように、両腕を差し出せば、
間髪入れずに抱き上げる...
しばらくすると、飽きたのか、
自分でせがんでおいて、ぐずってずり落ちる。

母親との、この他愛ない繰り返しにより
赤ちゃんは、生きることへの、
基本的な安心感、信頼感を獲得、醸成していく。

初めは、甘え、依存と軽んじられても、
やがては自立へと向かい、共存へと飛翔する...


「夏越の大祓」の翌日は、近所の産土神社に一日参り。

目を瞑り合掌するその後方で、
カラスの赤ちゃんが、しきりに鳴いている。
母親も、その声に甘く優しく応じている...

 都会ではみんなに好かれるわけじゃないね、
 それでも、生きていかなきゃならないのだから、
 もっと上手に、お母さんみたいに...

お参りを終えて、ふと思った...

地震や津波に怖れおののいた赤ちゃんたちが
いつものように差し出したあのか弱き両腕を、
一体誰が抱きとめてあげたのだろう...

想像上の感傷に浸ったボクは愚かに映ることだろう...
されど、一霊四魂で成り立つ我が身、
魂振るわせねば、神輿も踊らぬ、だからね(笑)

さて、
先月は、『不撓不屈』
今月は、『求めよさらば与えられん』だ。
遠慮なく手を差し出せばいい、
みんな喜んで受けとめ、抱き上げる。
人間が人間を求め、人間がその存在をもって人間を与える、
ただそれだけのこと...
神様は、ただ笑っているだけ。

独立記念日だからこそ、なおのことそう思える。

大丈夫、いつだって一緒さ(笑)
合掌
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記