FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

それが大事
ヒプノセラピー(催眠療法)では、
想像力が鍵になるが、
もちろん個人差もあるし、
セッション当日の様々な状況にもよるので、気にすることはない。
慣れ、ということもある。

ボクなどは、
「草原をイメージして...」と言われて、近所の公園だったり
「階段をイメージして...」と言われて、ボロボロの縄ばしごだったり
当人至って真面目なのに、そんなことになってしまうから、
当初は難儀した...

そうなってしまうのには、それなりの理由があるので、
セッションそのものには何の影響もない。

クライアントを様々な基準で分類することは出来るのだけど
それはクライアント自身にはあまり関係ないことだし、
お金も払ってるんだから、
どんどんイメージしたことを口にしていけばいい、
後は、セラピストの腕次第だからね(笑)


これは、日常生活にも当てはまる。

様々な局面を前にして、
素直に受け入れる人、その都度懐疑的になる人、
どっちだっていい...
これこそ、個人差だし、明日どうなるかなんて誰にもわからない。

でもやっぱり、想像力は鍵になる...

そして、その想像力の大元は何だと思う?

クリシュナムルティは、こんな風に表現する、
「今自由でなければ、どうして自由になんかなれるんだ!」

押し売りされた条件、制限、
それにまつわる思い込みや信念は、さっさと返品した方がいい。

だってあなたは、はなから自由なんだ、
想像力の鍵をぶっ壊せ!

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記