FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (161)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

わかったつもり
物事の理解を、論理や公式を通じて行うと
割とすんなり行くので、
そういうことは、「わかりやすい」ということになる。
そして、それらは、いつしか一般論や常識と呼ばれ重宝される。

ただし、そのための条件や環境が整っていて初めての話しなので、
実は、そこから漏れ落ちる「わかりにくい」を
どう扱うかという問題は、依然取り置かれたままになる...

そんな面倒なことを言っていると、事態が滞ってしまうので、
大概は、「わかったつもり」で進行していく。

以上の話は、極めて当たり前の話なので
さらに続ける...


問題は、
条件や制限付きの「わかりやすい」が、
蛸壺的理解の外に出ることもなく幅を利かせたり、
逆に、
説明することをはなから放棄してしまい
「わかりにくさ」の洞窟に閉じこもったりするのは、

「わかったつもり」の内実を、醜悪にするので、
どうも気に食わんなあ、ということになる...

ボクは、
「わかったつもり」をもっと好意的に使いたい...

世間では、
「わかったような口をきくな!」
「わかったふりすんじゃねえ!」
「ねえ、本当にわかってるの!」...みたいに
半端な理解の素振りには厳しい。

もちろん、あらゆる場面で、
「わかりやすく」「わかりあい」たいものだけど
そう簡単にいかないのも現実だ。

「わかりにくい」事態や人を「わからない」まま
受け入れて行くことの方が大切な時もある...
そういう「わかったつもり」は貴重だ。


今日の話は、わかったような、わからないような...(苦笑)
こういう抽象的な話は、具体的な話に何となく躊躇している時だから
その点は、みなさんそれぞれ感じたまま
「わかったつもり」で読んでほしいな(笑)

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記