FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ある修行者の話③
今日で最後の3人目...


まだ15、6歳の若き修行者、
遠い昔のアジアの大国、
本人に語ってもらおう...
 
 「ボクは、最近この先生の教えにふれて
  何とか町のみんなに広めようと頑張ってるんだ...」
彼は、人目をひくような奇抜な格好をして、
歌ったり踊ったりしながら、
自分なりの、いわゆる布教活動をやっていた。
 「こうでもしないと、みんな見向きもしてくれないんだ、
  いい考えだろ...でもね、仲間の中には疎んじる奴もいる、
  まあ、大して気にもしてないけど...」

そして、そんな彼の姿に興味を持った女の子もいた。
 「初めて見た時は、何してんだろう、って思ったけど
  見かけよりは真面目そうだし、ちょっと可愛いしね(笑)」
彼女は、教えよりも彼自身に興味があったようで、
今で言う「追っかけ」のような感じ。
 「あー、彼女ね、よく知ってるよ。
  いつも応援してくれてる、
  確かに、教えにはさっぱり興味なし、みたいだけど(笑)
  でも、いろいろ手伝ってくれて助かってる、感謝してるんだ」

彼の努力が報われたのかどうかはわからないが、
その先生の教えは、次第に、力を持ち始めてきた。

しかし、時の権力者には、
あまり都合の良くない教えがそこにはあった...

間もなく、先生の住まいは急襲され、
先生も仲間も拘束されてしまい、
布教活動の一切が禁止されることとなった...

彼は、たまたま難を逃れたが
今までのようにはいかないことは十分承知していた。
 「まったく頭にくるよ、
  教えの一つもちゃんと理解しないで
  みんな連れて行っちゃうなんて、
  一体、どうすりゃいいんだよ...」

取り巻きの彼女も、
  「彼のところには行っちゃいけないって...
   だから、もう会えないの...」


若さと奇抜さだけでは、
到底乗り越えられない過酷な状況だった...

その後の先生や仲間、彼の消息を誰も知らない、
彼女は、その町で、まともな幸せを掴んだことだろう...

尻切れトンボのような話の終わり、
修行がいつも報われるとは限らないのだ...

しかし、ここに、あえて後日談を創作する...

彼の魂は、千年の時を経て
こんな教えの文句を叫びながら甦った...
『愛し合ってるかい!』


修行者シリーズ3本立て、これにておしまい(笑)
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記