FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

錯覚の理由
平積みになった新刊本のタイトルの中に
「困難」と言う文字があったのを、
「因縁」と錯覚してしまい、
本屋でしばらく考えてしまった...

でも、さもありなむという錯覚だ...

人が「困難」に直面するとき、
その原因が、究極的には自分自身に由来することを
どこか深いところで知っている。

ただ、それを知っているとしても、
認めているというわけではない...
認めることは、時にツライことでもあるからね。

そこで、手っ取り早く、自分でも気づかないうちに
もっともらしい外因をこしらえる...

これで万事OKならば、問題ないのだが
やはり、本屋に行けば
「困難」と言う文字を、
「因縁」と錯覚してしまう...
自分を欺くことなんて出来っこない。

こういう話をすると、
「事故や災害は外因だろう」との声も出るだろう。

ボクにはわからない...

ただ、そこで、「事故や災害との関係」が
またあらたな原因になったことは事実だ...
そして、そこから始めるしかない。

「因縁」の発端である原因は、
必ずしも過去にのみ存在するのではなく
現在にも未来にも存在する...
要は、本人の向き合い方次第なのだ。

話が少し面倒かもしれないので、簡単に言う。

 「困難」に「因縁」ふっかけられたら
 いつか自分自身でケリをつけなきゃならない、ってこと。

わかったかな(笑)

「困難」は「魂難」であり、真我の雄叫びでもあるから
きっとベストタイミングだし、乗り越えられる。
だから、その雄叫びを聴き逃さないようにね...
「<こんなん>出ましたけど」、なんてね(笑)

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記