FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

発酵するもの
電車で、
熱心に古文のテキストと格闘している学生の姿に
こちらもつい引きこまれて、のぞきこみ、
あれっ?という感覚に首をかしげた...

ん?...わかるぞ...えっ、何でわかるんだ?...

あれほど難儀した古文の内容が、
大雑把だけど、わかる...

確かに、国語の教員免許を持ってはいるが
古文に接した数と力量など、大したことはない。
むしろ、苦手な方だった...

それが、今頃になって...と言う感じ。

恐らく、今は、試験のプレッシャーもなければ、
人生経験を通じて、
それなりの舞台設定や登場人物が揃えば、
自ずからそのストーリーや心模様も
見えてくるようになったからかもしれない。

それと、もう一つ
やみくもな、文章の丸暗記、文法や古語の詰め込みも
遅まきながら功を奏したのだろう。

世間的に、詰め込み教育は非難の的になっているが
要は、その後の活かし方次第なのだから、
しっかり詰め込むべき時期はある、と思う。

納豆やお酒だってそう、
発酵するには、適材適時適所の詰め込み(笑)

人間関係はどうだろう...
これはやたらに詰め込むわけにはいかない、
でも、発酵することはあり得るから
気長に待っていれば、いい具合に化けるかもしれない(笑)

そう考えてみると、目の前の様々な問題だって、
すぐに取りかかるべきものもあるが、
しばらく寝かしておいて構わないものだってあるはず、
どこでどう状況が、あるいは自分が変化していくかは、
わからないのだからね。

ただ、あまりに放置し過ぎると
発酵も、腐臭の際に追い込まれるのでご注意を!

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記