FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

理論と実際の向こう
大学4年生のある日、
内定をもらった会社から
入社までの参考図書として、何冊か本が送られてきた。

その中に、
『~の理論と実際』みたいなタイトルの分厚い本があって
なかなか読まない割には、そのタイトルについて、
その後ずっと考える癖がついてしまった...

ビジネスだけでなく、人間の活動のあらゆる面において
常に、『理論と実際』のせめぎ合いがある。

自ずと、それを選択していく人間の方でも
立場の違いが出てくる。
「Aくんは、頭でっかちで行動が伴わないんだよ...」
「逆に、Bくんは、後先考えずに走り出しちゃうし...」

まあ、こういう時のおとしどころは、
『理論と実際のバランスと好循環』みたいなところになる(笑)

しかし、
時に、人間は、『理論と実際』の経験値を超えた窮地に陥る。

見事に、そして、見る間に、
『理論と実際』がハリボテの様相を呈してくる。

でも面白いもので、
人間は、この状況に、一旦は落胆するものの
どこかで、小気味良ささへ感じ始める。

リセットされた身軽さ、自由さとも言える。

そして、その時初めて、
『理論と実際』を超えた、
直感的選択の瞬間が訪れる...かも知れない(笑)

断言出来ないのは、
ここまでの話だって、あくまで机上のものだからね...

じゃあ、窮地に陥ったらどうするか...

その時は、ビビりながらも
新たな自分、本来の自分への誘い、だとほくそ笑み
「ほら、来た!」と武者震いを自ら起こすしかない...

大丈夫出来る、
窮地は、旧知の仲だから...
またシャレた(笑)
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記