FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

葛藤の正体
問題に直面して
その解決策を、AかBかで迷うこと...
それが、葛藤の正体ではない。

自覚無自覚を問わず、
Cがその答えであることをわかっていながら
常識や社会通念、自身のわずかな経験的知識、思い込みによって
その答えをすんなりと表明できないイライラ...それだ。

もちろん、ある程度の葛藤は必要だが、
大概堂々巡りのパターンとして、
痛い目に遭いながらも、やがて理解は進んで行く。

しかし、まだ問題は残っている。

以上のような、問題の構造的理解は、
話半分なのだ...

その構造そのものを揺るがし、軋ませる、
感情の問題が残っている。
これは、理解だけでは、なかなか手に負えない。

ボクが言うのも変だけど
本当にツライ事態に直面した時に
生半可な心理学的用語や宗教的言辞をふりまかれると
バカヤロー!と言いたくなる。

では、どうするか...

むやみに感情を爆発させると、
自他ともに収集がつかないこともあるが、
ある意味では、エネルギーの問題でもあるから
発散の必要性がある。
これは、個人個人でいつも考えておくと良い。
方法はすぐに思いつかなくても良いが、
そういうこともあるんだな、と
どこか頭の隅に置いておいてほしい。
ボクは、一日中ふらふらになるまで自転車に乗っていた...
そうするしかなかったんだ。


昨日は、いつもより早く出勤して
職場近くの神社に一日参りをしてきた...
社殿の裏には、現在の御神木とは別に
かつて雷に打たれた杉が御神木として祀られている。
傷みも激しく、もう人間の背丈ぐらいしかない。
逆さまになった大きな中華鍋のような鉄のふたをかぶせられ
お世辞にも、格好良いとは言えない...

しかし、そこにボクはこんな意義を読み取った、
 『不撓不屈(ふとうふくつ)の精神』

今月は、これで行こう!
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記