FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

大学の空気は...
世代的に、
青春ドラマ、学園ドラマの洗礼を受けているので
当時、校内暴力、荒れる学校の現場が身近にあっても
どこか、夢心地でいられた。

学園ドラマは少し考えさせられるようなこともあって、
むしろそれより、
中村雅俊が出てくるような、下宿を舞台にしたものは
一人暮らしの自分の将来を重ねて、ワクワクして観た。
入れ替わり立ち替わりやって来る友達と
朝まで酒を飲んだり、議論を戦わしたり...
これが青春だよな、なんて思ってた。

そして、やっとのことで東京での念願の下宿生活。

しかし、学部の特徴か(教育学部)、授業もサボりにくく、
サークルとて、就職活動の序の口のようなもの...
自分も含めて、基本はみんな真面目。
下宿の規律も案外厳しく
酒も議論もみんなそこそこ...

嘆きのうちに、ハッと気づいた!
そもそも社交性などなかったのに、
テレビをつけるように、青春ドラマが目の前で始まると思っていた。

成す術もなく、本や音楽だけが友達になっていった...

この辺で、昨日の話とリンクしてくる。

この疎外感、孤独感、
祭りでも、大学でも、高校、中学でもない、
ぐんぐんさかのぼる...
妹が生まれる9歳までは一人っ子...
さらに、ぐんぐんさかのぼると...
う~ん、これ以上は、内緒だね(笑)

抱えている問題は、
学校を進学したり卒業しても
あるいは
会社に入ろうが独立しようが
手を変え、品を変えやって来る。

思い当たるでしょ、
ヒプノセラピストだって一緒だよ(笑)

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記