FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

好みの問題
昨日の続きのような話になるけれど
宗教やスピリチュアルな領域における
究極の真理とか教えというものは
流行り廃りの中にあっても、大体似たようなもので、
あとは、
選ぶこちらの時代や文化的な背景によってしぼられ
個人レベルでは、好みで、いずれの人や教えを採用している。

好みと言っても、
ズバリ、顔や風貌だったりするから面白い。

イエスや釈迦は実際の顔がわからないので、ひとまず置いておく。
まあ、それでも、東洋か西洋かの違いはある。

先ずは、
歴史的にも聖者や賢者を数多く輩出しているインドを見てみる。
サティア・サイババは、
あのアフロヘアとオレンジのローブに素足、誰が見ても忘れない。
クリシュナムルティは、
イングランド製のスーツを、さらっと着こなすスマートさがある。
スワミ・スリ・ユクテスワは、
見るからに厳格なグルであり、無駄口は一切たたけない雰囲気。
ラマナ・マハルシは
教えも格好もシンプル・イズ・ベストのふんどし一丁。

西洋はどうだろう。
エックハルト・トールは、
ダンスを卒業したリック・アストリーみたいで、ほのぼのしている。
ガンガジは、
ようやく角が取れてきた、科目は英語の女性教師。
セイラー・ボブは、
客あしらいの上手いリカーショップのおやじ風。

ダグラス・E・ハーディングは、
自分には顔がない、と言うのだから判別不可能(笑)

知ってる名前を全部あげてコメント出来るが
趣旨が違ってくる...それは、またいつか。

以上、好き勝手なことを述べてきたが
要するに、
深遠な真理、思想も、
最初は外見、好みで構わない、
追々吟味検討していけばいい。
そして、グルグル廻るうちに
本物のグル(導師)に出逢えるかもしれない(笑)

ちなみに、ダライ・ラマ14世は
亀戸辺りの腕のいいすし屋の大将みたいだね(笑)

今日はこの歌で決まりでしょ!
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記