FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (161)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

災害記憶のDNA
連休最終日の激しい落雷と竜巻で
またひとつ大きなため息をついた...

甚大な被害の光景を見ながら
小学生の頃に見た夢を思い出した。

 賑やかな街中を、いいおじさんとなって歩いていたボクは
 突然の落雷と地響きに襲われ
 目に入った大きな家具屋さんの店先に逃げ込もうと走り出したが、
 見る見るうちに、地割れが足元をすくい
 追い打ちをかけるように雷に打たれ
 店先に陳列してあったタンスや机、椅子などと一緒に
 そのまま深い闇に落下してしまった。

子どもの夢ではあるが、
自分自身の実年齢とも違うし、
いつも見る夢とは明らかに違う感覚があった。
テレビや映画の影響と言うには、妙なリアリティがあって
起きがけに、
「ボクは昔、雷で死んだことある?」って、
母親に聞いた記憶がある。
変な質問だけど、そう聞くしかなかった...

じゃあ、前世、それとも予知夢?となるが
同時代の日本だったので、それは当てはまらない。
同時代と言っても、
地割れに吸い込まれる事故など聞いたこともない。
だから、夢は夢なのだ...

でも、この夢だけは、今もって忘れない。
子どもながらに、大人の意識で見ていた夢、
ボクであってボクでないような落ち着き払った感じ...

夢であれ、「死」というものを、
初めて自分のものとして感じた瞬間だった。
落雷や竜巻は、そんな感覚を誘発する作用がある。

災害記憶のDNA、という言葉も浮かんできた...

合掌

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記