FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (150)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

言葉になる、快感
本を読みながら、
やけに頷く回数が多いなあ、
いや、何か声も漏れてるぞ...
これ、ボク自身のこと(笑)

滅多にはないのだけど、
読み始めた本が、一言一句ビタッとはまって
読むペースも勢いを増し
先の文章までも自分の口から出てくるような不思議な感じ。
理解度の冴えも追随していく。
しまいには、自分と作者の区別がつかなくなってくる...

好きなジャンル、作家、作品ならまだしも
初見のそれでもその経験はある。

多分、自分の中の言語化されたがっている
思考や感情、あるいは言葉の原型みたいなものが、
大いに触発されたのだろう。

読むことだけではなく、
書くこと、話すことにおいても似たような経験はある。
簡単に言えば、
「そうそう、そう言うこと!」って感じ。
みんなにもきっとあるはず。

この腑に落ちる感じを万人に適用すれば、
ベストセラーも生まれるし
特定の個人に向ければ、セラピーにもなる。

この感じ、「快感」と言っても差し支えない。


「はじめに言葉ありき」と言って始まったこの世界に
神様は何か言いたいことがあったのかな...
そして、その言いたいことはちゃんと表現出来たのかな...

「じれったい...」と聴こえてくる、
「快感」に代償はつきものだからね(笑)

スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記