FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

同乗のよしみ
今朝は、事故の関係で
久々に超満員電車に乗ることになった。

乗り込んで間もなく
ボクは、つま先立ちをする自由の女神のごとく
そのままの姿勢で動けなくなり、
動くとすれば、それは不可抗力で振り回されるだけ...

しょうがないなあ、とあきらめ気分で見渡す(目玉だけね)車内も
みな似たような気分を、顔に出していた。

すると、少し先で、唸り声がする。
ウーン、ウーン...しかも、ボクの方に近づいてくる。
何だ、何だ...
前の方の乗客がごそごそし始める。

ウーン、ウーン...声の正体がわかった。
小学2年生ぐらいの通学途中の女の子。
幾分怒りをこめたような静かな唸り声を発しながら
この波をかき分けてきた模様。
ボクと目を合わし一声唸ったその顔は
紅潮した険しい表情だった。

さらに、ボクの前も過ぎ、二人ほど越したところで
窓越し、朝陽の望める場所で止まった。
彼女の顔つきが、ガラッと明るく一変し
見ているこちらも嬉しくなった。

大人は、気づかいや遠慮もあって
こんな無謀な行動はとらない。
でも、隙さえあれば、自分の場所の確保に余念がない。
子どもは、光射す方へ迷うことなく突き進んだ。
どちらがどうと言う話ではない。
それだけの話...

でも、この話、これで終わるわけではない。

この一部始終は、同じ電車の車内で起きたこと。
何があっても、同乗のよしみと睦みあえるだろう。
しかし、それぞれは、間もなく電車を降り、それぞれの道を行く。
むしろ、そこからが本番。

その道、光射す方へ。

佐野元春『ヤングブラッズ』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記