FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

学びの陥穽
自分自身の中に引き合うものがなければ、
そもそも興味も湧かないし
学ぶことなど苦痛をともなうだけだ。

生まれおちてから
取捨選択の権利はほぼ与えられず
学ぶことを半ば強要されてきた。

家庭に学校、職場に趣味に、
自己啓発やらセラピーやら...
ある種の強迫観念とともに、その勢いは衰えない。

生きるため、そして、
本能に目鼻をつけるための最低限の学びは必須。

しかし、どこかで
人生を豊かにするために、と称して
学びの陥穽にひきずりこまれてはいないか...

こういうことを唐突に書くと
このブログ自体を否定しているように聞こえるかもしれないが
そんなことはない。

冒頭に書いたように、
学ぶことのベースには、
引き合うものが、自身にあることが大切。

つまり、ボクにとっての学びは
新奇で目を見張るようなものもそれはそれで楽しいが、
かなりの割合で、
自身への再発見だったり、
思い出すことがその核になっている。
知識や流行など、その呼び水に過ぎない、とも言える。

だから、
学びの前に、あるいは学びながらも、
することがあるだろう、と思ってる。

自分は、何に引き合っているのか、
そして、そこに引き合わされている自分とは何なのか...

その問いは一見、落とし穴のような虚無に見えるかもしれないが
転んでもタダでは起きないと決めたなら
学びの陥穽もやがて学びの完成となるはずだ(笑)

エレファントカシマシ『彼女は買い物の帰り道』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記