FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

潜在意識の目
顕在意識が強くなり過ぎて
ギスギスするなあ、と感じる時には
一人になれる空間があれば、
腰かけたり、横になって
軽い自己催眠の状態へと移行して調整をする。
つまり、潜在意識を少しばかり活動的にする。
 ※文字に書くと難しそうだけど
  一度体感し、その感覚を覚えれば簡単。

ただ、職場や学校では、
なかなかそういう空間を確保出来ない。

そこで、通勤通学の途中で
他人様の力を借りることをおススメする。

それも、いたいけな赤ちゃんが最適(笑)
ただし、一歳未満の乳児は目線が定まらないので避ける。

彼、彼女らは、潜在意識バリバリの存在。
その目に注視するのだ。

誰しもあの目に魅入られた経験があるだろう、
年齢も性別も超えたような、
一瞬時が止まったようにも感じさせる、あの目...
まさしく、潜在意識の目。

あの目を通して得られた感覚を
立っていようが座っていようが関係なく
目を閉じてそのまま保持しておけば、
間もなくリラックスした状態になる。
赤ちゃんは、有能なヒプノセラピストなのだ。

ただし、注意事項もある。
目を合わす時間はせいぜい20秒。
お互い、余計な思考や感情が生まれる寸前までが勝負で、
笑ってくれればまだいいが、グズりだしたら大変。
お母さんにも申し訳ないからね。

そして、こちらがリラックス出来た後は
ベビーカーの周りに落し物がないか、とか
お礼の代わりに気を配るのもいいかもね。

Diana Krall『When I Look In Your Eyes』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記