FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

究極のセラピー
ドーナツ、あるいはヒプノセラピー(催眠療法)が
日本でまだまだメジャーでないのは
既に日本には、究極のセラピーが存在し
しかも、大概の日本人がそれを経験、納得しているからなのだ。

ボクももちろん深く共感するもの、
それは、

温泉(セラピー)

と言っても、温泉入浴の効能のみを指すわけではなく、
宿泊込みで、効果は最大限に高まる。
思い出すだけで、もう癒されていく(笑)
 ※ここからは、相当私見が入るのでご勘弁を。

宿泊と言っても
湯治はピンとこないし
今どきの、離れのお部屋と言うのも違う。

昭和の香りを残した、
どでかい温泉旅館、ホテルがいい。
散策できる無駄に広いスペースが必要なのだ。

ところどころ電源の落ちたゲーム機のあるゲーム室。
遊戯室と言っても、
ラバーがずりおちそうなラケットに
塗装もはがれ角が丸くなった卓球台があるだけ。
官僚よりも事務的な売店のおばさん。
あまり手入れのされてない庭園と
そこをやたらに走りまわる不法侵入の犬。

夕刻ともなれば、
和食のベースとなる出汁の匂いが辺りに充満し
あっという間に、宴会場でのバカ騒ぎが始まる。
その間隙を縫って、湯あたり湯ざめを物ともせず
入浴の限界に挑戦する者。

みんないつもより気の抜けた顔で、優しくなっていく。
そんな愛おしい場面もやがて闇に包まれ
一人静かに、とてつもなく長い廊下を歩き
露天風呂につかり、満点の星と月を眺めると
心から、至福に満たされる。
日本、日本人を感じる瞬間だ。
そして、心身のみならず、
「今ここ」にある、真我の安らぎをも体感してしまう。

仕上げは、定番の朝食で決まり。

こんな総合的かつ究極のセラピーがあるのだから
まだまだ勉強しないとな、と思う。

そして、こんな恩恵があるのも
この国が地震大国であることの裏腹なのだということを思いつつ

そんな神と自然のはからいに、
早くボクもつかりたい。

Aoi Teshima『Moon River』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記