FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

セラピストの覚悟
ヒプノセラピー(催眠療法)など
心理療法を学び始めの頃というのは、
先ずは、セッション(練習も含む)などの
特定の状況で、その効果を試すことになる。

その主な対象は、
まだまだ自分に向けてのものが多く、
それは至極まっとうなこと。
そして、徐々にクライアントが視野に入って来る。

そんな頃には、
セッション以外にも、意識が向き始め
そのわずかばかりの知識と経験を持って
職場や家族、学校など、身近な場所で起こる面倒な事態に
アンテナを張り巡らせるようになる。

そして、時には
気の利いたアドバイスなんかをして、
功を奏することもある。

ここまでは、何の問題もない。

しかし、この辺りから注意が必要になる。

エゴ(自我意識)がそっと蠢き始めるのだ。

はじめは、楽しみながら、そういう身近な場に
自分の知見を持ち込んだつもりが
いつの間にやら、
その場をコントロールしようとしたり
自己存在、評価のアピールに躍起になっていたりする。
そうなると、その結果も目に見えているし
本業のセッションにも良いことはない。

ボク自身、
ある時期、その悪循環を手放した。
変な言い方だけど、放っておいてみた。
口も手も足も、すぐに動き出しそうなのをこらえて
事態を静観した。

しばらくすると、
最初は混乱しているように見えても
結局は、想像以上に事態は丸く収まった...

時には、適切なアドバイスも必要だが
エゴにはしっかり睨みをきかせておかなければならない。

ここまで書いて、
何だ、セッションの時の注意事項と全く同じ。

つまり、
セッション、セッション以外という区別そのものに
あまり意味がなかったんだね。

と言うことは、
セラピストにも覚悟が必要になる。
そんな結論を楽しめるか、それとも重荷と感じるか...
もちろん、ボクは楽しむよ(笑)

Billy Joel『PIANO MAN』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記