FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

『パン』バーグ礼讃
肉食系男子が少なくなったとは言え
ハンバーグ専門店やハンバーガーショップなどは
「肉汁たっぷり」
「和牛100%使用」
「店主こだわりのドミグラスソース」...
などの言葉とともに盛況だ。

ボク自身、あまり食べることは少なくなったが
それでも、その匂いや見た目にひきつけられる。

しかし、どうしても思い出すのは
幼い頃の自家製のハンバーグ。
と言っても、決して特別なものではない。
むしろ、今となれば、
苦笑いしてしまうような作り。

経済事情もあったのだろう、
つなぎの食パンの量が、かなり多めだった...
確実に、肉より多かった。
苦肉の策というか、苦パンの策と言うか...
大きさは十分満足のいくもので
ジューシーさより、もさもさ感があって、
まあ、それがハンバーグだと思っていたのだから
何の問題もなかった。
広島の人間はそこにソース、お好み焼き用のソースを
たくさんかけるので、あとは何とかなってしまう。

そんな感じだから、
今も、冒頭のような宣伝文句にはあまり興味がない。
むしろ、
「もっとつなぎを!」
「もっと、もさもさして!」などと思ってしまう(笑)
食の記憶とは面白いものだね...

中身のことなんて関係なく
全体としてそれが、ボクのハンバーグ。
ほとんど肉のない、牛肉コロッケ。
玉ねぎばっかりのメンチカツ。
さつまいもだらけの天ぷら盛り合わせ。
全部それで良い。

母親の想いが、もう一つのつなぎとなっているんだから
ボクは、『パン』バーグで十分だ。
あーあ、恥ずかしい(笑)

この歌2度目だね♪
Masatoshi Hamada『Chicken Rice』
ユーチューブでどうぞ。
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記