FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ぞんざいな節度
外は嵐の真っ只中だけど
書きたいことにフォーカスして、いつものように...

間もなく、街には
少しだぶついた制服、重たげなランドセルに左右よろめきながら歩く
ピカピカの小学一年生が現れる。
微笑ましいいつもながらの風景だ。

しかし、情報携帯端末の急激な浸透度から想像すれば
iPad片手に颯爽と通学路を行く姿を見るのも
そう遠くはないだろう。

その時、先生の役割も徐々に変わっていくだろうが、
先ずは、勉強の対象となる知識への態度が変化する。

教科書の内容はデータとして提供されるにしても
その向こうに広がる無制限な情報空間に
求めればいくらでもアクセス可能になる。

ある意味では幸せなことだが
取捨選択のセンスも必要になる。
最早、これは子どもだけの話ではない...
カテゴリーも消滅し、飛び交う意見も感情も千差万別。
そして、時間と労力も確実に消費する。

どこかで節度が必要になる。

ボクらなりの節度は持っていた。
ちょっと乱暴だったけどね...

教科書やノートですっかり重くなったランドセル、
宿題がその重さを増していく...

鬱屈がたまっていく...

そして...

せーのでぶん投げた、この野郎!
さらには
お尻に敷いて、河原の土手を滑り落ちた!

背負いきれない情報を
時にはぞんざいに扱って気晴らしをした。

あなたも、時には
その手に持ってるやつ、それだよ、それ!
ぶん投げないにしても
どっちが主役なのかをはっきりさせといた方が良いかもね(笑)

フィンガー5『学園天国』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記