FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

水商売由来⑤
東京に春の嵐と桜の開花がいっぺんにやって来た。
この一連の話、今回でいったん締めくくる...

師匠に先生、グルにマスター、今どきはメンターか。

親や身近な大人に始まり、
学校や塾の先生、先輩後輩、恋人や親友にクラスメイト
勤め先の上司や同僚、取引先に、お客さん、
結婚すれば、パートナー、そして、子ども...

自分を取り巻く学びの機会とその輪は、際限なく広がっていく。
もちろん、収縮していくことも構わない。
その対象は人間に限らず、ペットや本、音楽であることなども当然。
さらに言えば、今生の出会いに限らない。

平田篤胤(ひらた・あつたね)に、『夢中対面図』という画がある。
彼が、生前には会うことがなかった
生涯の師と仰いだ、『古事記伝』などで有名な
国学者・本居宣長(もとおり・のりなが)と、
夢の中で師弟の契りを交わした場面を画に描かせたものだ。

自分が今居る場所が、
学校や職場、台所やカフェ、
あるいは病室であれ
そこには常に学びの機会が用意されている。
そして、自らの準備の状態により、
教師や反面教師が、入れ替わり立ち替わりやって来る。
どう接するかは、自分で決めていくしかないね...

篤胤は、古事記にならって、案山子を学問の神としている。
「足は行かないが天下の事をことごとく知り尽くしている神」
メンターや師に出会うことも大切、
しかし、やみくもに外に外にと、求めることは、
堂々巡りの自分探しと似てはいないか...

ここでいつもの結びとなる。

あなたが今どんな状態であろうと、
今、ここで学ぶこと、
今目の前にいる人があなたのメンターであり
あなたそのものなのだ。

カフェはもうなくなってしまったが
そこを行き過ぎた人は、
今もみんな精一杯生きているはずだ、
それで十分。
そして、感謝している。
ありがとう。

篤胤の号であり私塾の名称を
『伊吹迺舎(いぶきのや)』と言う。
止まないこの春の嵐を、清め祓い、背中を押す
篤胤の息吹きと心悟した。

合掌

桜を満喫できるカフェで
美味しいコーヒーでも飲むか...

この話を促してくれた人に感謝をこめて
浜田省吾『アメリカ(Route 66 ver.)』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記