FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

観察すること
人さまのことをあれこれ観察するのに
大した理由はないのだけど、
意味付けすることは出来そうだ。

こんな観察の流れをとっている。
①類型的な行動(表情や言葉も含む)パターンの観察
  行動科学的な細緻な分析ではなく、
  パターンの集積をしているような感じ。
  格好良く言うなら、
  許しの感覚を広げる作業みたい。
  だから、判断はしない。
      ↓ 
②上記の行動パターンに注視、観察した自分自身への問いかけ
  どうしてその人、その行動にフォーカスしたのか、
  その答えは、ボク自身の中にあるはず。
  ただ、安易に答えを求めることはせず
  しばらくは、その問いかけと観察対象を重ね合わせておく。
      ↓
③一連の観察を通じて、
  意味を見い出すこともあれば、そうでないこともある。
  その断片を記憶したり、ここで文章にしている。

以上は、主に人間観察に基づいたものだけど
自然や動物など、あらゆる存在への観察に適応している。

最後に、この観察の核心にあるものを述べる。
この観察の流れからすると、
観察はあくまで個人的、内省的なものに見えるかもしれない。
しかし、
ある時期、ふっと、そんなことがどうでもよくなる瞬間がある。

多分それが、上記①に書いた、
「許し」の感覚なのかもしれない。

一体、誰が誰を許してるんだろうね...

こんなことを書いていると、
多くの賢者が異口同音に語ってきた言葉が
どこからか響いてくる...

「観察する者とされるものという考え方そのものが
 分離であり、悲劇であり、幻想なのだ」

■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記