FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (150)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

終わりは始まり
先々週で、
NHK金曜夜10:00の『世界ふれあい街歩き』
地上波での放送が終わった...淋しい。

ブログを始めて間もなく、
『金曜の夜が待ち遠しい』としてここにも書き
その話題で、お話することが出来た人もいた。
単なる旅行番組とは違う趣が確実にあった。

いろいろ好きな理由はあるのだけど
折角だから、明日につながる話をしよう。

この撮影クルーは、ほとんど姿を現さない。

人目線で、きょろきょろしながらもずんずん歩いていく。

ある時は歴史ある旧市街の遺跡を仰ぎ
そうかと思えば
風にそよぐ洗濯物を避けながら路地をすり抜ける。
先を急ぐビジネスマンの集団におののいたり
賑やかな小学生の大群に取り囲まれたりする。

街に暮らす人々の生活の一瞬一瞬を味わいながらも
それを優しく包みこむ、海岸や草原の夕映えには
いつも涙しそうになる...いや、泣いた。

街の好みに個人差はあるが、この際どうでもいい。
全部人の住む世界。

そして、
この撮影クルーは、ほとんど姿を現さない。

だから、全部の街をボク自身が制覇したような気になった。
ボクの普段の散歩の目線となんら変わらないのだから。

ダグラス・E・ハーディングは
「自分とは何か」という問いに、
思想的のみならず実験的にも取り組んだユニークな人だ。
ここでも、『エゴ(自我)の境界線』としてふれた。

「自分には顔がない代わりに世界そのものが自分である」
と言ってのけた。

そう、顔のない撮影クルーのお陰で、
世界が自分そのもののように感じられた。

だから、番組は終わっても、世界も自分も終わらない。
また、歩き出せば、あの音楽とともに
世界も自分も動き出す。

終わりは始まりなのだ。

敬意を表して
『世界ふれあい街歩き メインテーマ』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記