FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

面白いご時世
ここ数年
どうも時間(月日)の経つのを早く感じる、
という人が増えている気がする。

ボク個人の年齢的なものかと思ったけれど
若い人からもそんな声を聞く。

スピリチュアルな視点、
あるいは劇的な情報環境の変化に対しての脳科学の知見、
いろいろ解釈はあろうが
ヒプノ的に考えてみる。

以前ここで『時間と遊ぶ』と題して
催眠状態(潜在意識が優位な状態)での
「時間の歪曲(歪み)」について書いた。

ヒプノセラピー(催眠療法)のセッションはもちろん、
日常においても、催眠状態(潜在意識が優位な状態)にあるときは
時間経過の感覚が、
実際よりも短くあるいは長く感じたりすることがよくあるのだ。

と言うことは、
今、冒頭の感想を抱いてる人々は
以前よりも潜在意識が優位にはたらいているような状態に
あるのかもしれない。

意識のうちのわずか10%程度の顕在意識で、
全て合理的、効率的に事を進められるような世界で
なくなっていることは、もうみんな了承済みだろう。
そこで、潜在意識の出番が少し多めになったのかもしれない。
「時間の歪曲(歪み)」というお土産を持って。

そして、この先がある。

潜在意識に全てお任せしたいところだが
癒されていない部分、抑圧してきた部分なども
顔を出す可能性があるので
先ずはそのことを自覚して
その問題に向き合い
その声にしっかり耳を傾けてほしい。
そして、もし一人で困難な場合には
信頼できるヒプノセラピストに声をかけてほしい。

時間感覚が変わるということは
空間認識も、身体感覚も変わる可能性がある。
すなわち、自分も世界も変わる、ということ。
そういう面白いご時世なのかもしれない。

集合的無意識との絡みは、またいつかね(笑)

Bob Dylan『Times They are a-Changin』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記