FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

春うらら
陽気が春めいて来れば
みんな上機嫌のように思われるが
実は、この時期
頭痛を訴える人が多くなる。
花粉症はもちろん。

以前ここで
『天使か悪魔か』『オープンシステム起動』という二つの文章で
骨盤と肩甲骨そして頭蓋骨の左右対称性とその連動性について
簡単にふれた。

頭痛はそれに関係がある。

暖かくなり始めるこの時期
骨盤と肩甲骨そして頭蓋骨の三つは、
順番は人によって違うが
徐々にゆるみ始める。
ゆるみにくいところが、軋んで痛みを催す。
そして、その軋み、痛みも微妙に連動する。

頭蓋骨なら頭痛、肩甲骨や胸部であれば花粉症
骨盤であれば腰痛など...

長い冬の寒さの影響はもちろん
偏った食生活やストレス、運動不足などで
かたく縮こまった体は容易にはほぐれていかない。

先ずは、そのことを自覚し
生活全般を見直しながら
体操などで、ゆるめられるところから、
ゆっくりゆるめていってほしい。
連動しているので、頭蓋骨はさすがに避けて
肩甲骨か骨盤から始めると良い。

冗談として言っておくが
昔の銭湯などで、頭の上に濡れタオルを置いていたのには
意味があると思うよ(笑)

体も新しい季節や環境に慣れるのに難儀をすることもある。
心もなおさらのこと。
いろんなところゆるめながら行けば、
花見も楽しく、五月病なんかもへっちゃらになる。

要するに、頭かたいよ!ってこと。

この話はまたの機会に。

石野真子『春ラ!ラ!ラ!』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記