FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (150)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ダジャレの言い訳
ここでも時折ダジャレが抑えきれず
年齢を感じてしまう。

ダジャレは、実際のところ
年齢に関わらずみんな思いついているのだけど
なぜか年齢を重ねるうちに
そのストッパーが緩んでくる。
とりあえず、人前で口にすることはないが
ここでの頻度はこれから増しそうな気がする。

それには、もう一つ理由がある。

ヒプノセラピストとして、
人並み以上に潜在意識に自覚的になってから
いろんな意味での制限や条件付けから解放され始めて
本来、日本の同世代の男性だったら持ち得るような
一般常識、社会通念的な思考や態度から
知らないうちに離れてしまい
あまりいろんなことを気にせず
表現するようになってしまった。

もっとハッキリ言えば、
いったん表現したいと思ったら
こういうこと書いていいのかな?と一瞬考えるけれど
変に脚色したり、スカしたり、
あるいは、お茶を濁そうとしたり、
ましてや伝えずにおくことは、
潜在意識が許してくれない感じなのだ。

と言っても、
ここで書くことに自分なりのルールは設けてあるので
妙なことにはならないと思う。
顕在意識と潜在意識のバランス感覚にお任せするしかない。

何だかダジャレの言い訳みたいになったけど
お父さんや上司のつまんないダジャレにも
「あぁ、この人も少しオープンになってきたな」と
広い気持ちで受け止めてあげてほしい。

Norah Jones『Those sweet words』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記