FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (157)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

果肉とジュースとサプリメント
ボクが小学生の頃に風邪をひいたときは、
病院にも行ったが、
なぜか果汁100%のオレンジジュースを買ってくれた。
熱が出れば、バニラアイスが追加される。

今でこそ果汁100%のジュースは、
安価でお手軽に手に入るが、
当時はちょっと高かったので
普段見かけることも、ましてや飲むこともなく
風邪で苦しいながらも
いつもとは違う濃厚な酸味に
ちょっと喜んでいたのを思い出す。

いつの頃からかわからないけれど
ビタミンCを始めとするビタミン各種を
何となく常に摂取しなくちゃいけないような、
言うなれば、ビタミンプレッシャー、
あるいは、ビタミンストレスみたいなのが
薄く広く存在するようになって
多分、そういうのがあって
母親もちょっと高めのものを買ってくれたり
現在では、ライフスタイルに合わせて
サプリメントなどでも簡単に
摂取出来るようになっている。

ビタミンというエッセンスが
果肉、ジュース、そしてサプリメントという選択肢に
ちりばめられた。

ボク自身は、
日持ちがして、ゴミなどもコンパクトにしまえる
市販のジュースにすることが多いが
やはり、時折果実・果肉そのものを手にする。

目につくところに置いてあるだけで何となく落ち着くし
もちろん芳香はその効果を倍増させる。
実際手にすれば、
その触感とともに味覚への期待感も増してくる。
口に含めば、ジュースにはない充実感もある。

何ごとも、選択肢のあることは喜ばしいことではあるが
そのエッセンスというのは、
実は、そのエッセンスを盛りたてるものとのバランスで
より引き立つこともあるのだ。

柑橘類を食べ終わったら
立ち上がって
その厚めの皮をムギュッとして
即席のアロマエッセンスとする。

東京スカパラダイスオーケストラ
『めくれたオレンジ』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記