FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

見えにくいヒント
好きな作家が影響を受けた作品や
掲げる参考文献などには興味が湧くもので、
そこからさらに知見を深めることも出来る。

そこには既に信頼関係が築かれているので
探究心のみならず、
その作家の好きな食べ物や服装など、
好奇心も揺さぶられる。

この一連の流れから得るものは大きく
人生をさらに豊かにしてくれる。

言うなれば、
人生を豊かにしてくれるヒントの見つけ方だ。

しかし、
ここで終わってはもったいない。

実は、その逆の行為もみなやってしまい
せっかくのチャンスを取り逃がしてしまっている。

苦手な人、嫌いな人の推すものを
ことごとく避けてしまう。

ボクにもその経験がある。

その人が推す、一連のジャンルの本
それに基づく人生観、
しまいには食の好みなど
折に触れ避けてはいたものの
結局、肝心な時に直面してしまう。

そして、渋々その考え方にふれて
目から鱗で、
過ぎた年月を反省する運びとなった。

人生を豊かにするには、
冒頭のようなわかりやすいヒントもあれば
見えにくいヒントもあることを痛感した。

もちろん、
それを見えにくくしてしまったのは
何が原因かわかるよね...
ふぅ~(苦笑)

浜田省吾『彼女はブルー』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記