FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

門前の小僧も考える
昨日の自動ドアの話は偶然ではない。

少し前のこんなニュースの言葉が気になっていた。

・「ゲート」キーパーベーシック
  (自殺防止対策スローガン)の名称問題
・東京「ゲート」ブリッジ開通
・海底トンネル事故
  (原因不明の土砂・海水の流入) 

いずれも、ゲート、出入口を巡る問題。
そして自動ドア...

そういう関連性をなぞる癖がある。

出入り口は、境界線。
内と外の区別は、
当の本人の認識による相対的な問題で
あまり重要ではない。

要は、
喜び勇んで突破するか
怖気づいて引き返すか
あるいはためらいながら出入り口に立ち尽くすか...
うかうかしていると、危うく足をすくわれてしまう。

今をそんな時代と読んでみることも出来る。

しかし、そんな意味付けよりも
今が、あらゆる面で
境界線上にあることの意義を感じた方が良さそうだ。

門前の小僧のボクは
門の上の楼内にいるかもしれない
人喰い鬼や、髪ふり乱した老婆に睨みをきかしながら
行き交う人々の様子をうかがっている。

大丈夫、
どこに行っても、あなたはそこにいる。

Sally Seltmann『On the Borderline』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記