FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (150)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

クリエイティビティを寿ぐ
新しい概念や言語を学び立ての頃は、
どうしてもその扱いが覚束ない。

例えば、心理学で言うところの
<投影>とは、
「自分自身の、良かれ悪しかれ未消化(忌避/嫌悪)、
 無自覚であるところの部分を
 他者の振る舞いや言動に反映させること、
 さらにはそれに気づくこと」と言う意味合いで、
もっと簡単な表現だと
「相手は自分の鏡」となる。

この言葉を、日々の自分の暮らしの様々な場面に当てはめて
「あっ、まさにあの上司のあの憎らしい言い方、
 私が今朝旦那に言ったのと一緒!」

「改札で涙ぐむOL、幼稚園の前で泣きじゃくる子ども
 今日も辞表を胸に抱いて出社する俺!」

自分の心象風景が、<投影>という言葉で括られて
喜びや、気づきとともに次につながればいいのだけど

ある時期ボクは、四方八方、<投影>物に囲まれて
にっちもさっちもいかなくなったことがある。
「じゃあどうすりゃいいんだよ!」みたいな感じで...

その後、ヒプノセラピー(催眠療法)を始め
様々な学びを通じて、
自分なりに突破したつもりだが
ある時期、こんな思いがよぎった。

 <投影>そのものの仕組みが凄いよな...
 それをやってるのが、神様かハイヤーセルフか知らないけど
 自分だって加担してるんだから
 そのクリエイティビティは、十分に誇れる。
 だったら、もっとましな<投影>をした方が良さそうだ。

たとえはかなり古くなるが、
『<投影>まんがまつり』みたいに
もっと楽しく自分の人生を上映してやれると思った。

今は、上映までのどんな段階かわからないけど
少なくともホラーにはしないつもりだ(笑)

『東映まんがまつり-予告-』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記