FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (162)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

続・猫コブの精
ようやく近所の猫が動き始めた。
まだまだ寒い朝晩だけど、
日差しのある時間帯は、
わずかばかりの日だまりを見つけて暖まっている。

今朝は雨宿りに玄関先にやって来た。
出かける際の、目一杯の笑顔にも関わらず
警戒して逃げ出してしまった。
近いうちに魚料理をして、
逃げたことを後悔させてやるぞ(笑)

今朝の猫は、ノラ猫だけど
餌を決まった時間に、
一番先にしっかりもらっているので
福々しく貫禄があった。

近所にも、知っているだけで5匹ぐらいのノラ猫はいる。
こんなに寒いのに一体どこでどうしのいでいるのだろう。
水はどこで飲むんだ?
猫舌でもあったかいものは食べたくなるだろうに...
どこで寝てるんだ?
具合が悪い時はどうしてるんだ?
小学生並みの疑問だから、
誰にも聞けやしない...

去年の夏、ブログを始めて間もなく
『猫コブの精』というのを書いた。
その時に出逢った、
ベランダを行ったり来たりのあの猫はどうしてるんだろう。
今年は、もう少し親切にしてやりたいと思っている。

例の猫コブは、雨に濡れて
まるで狸のように黒々としていた。
猫コブの精らしき白い猫は、まだ現れていない。
きっと、ボクの準備が整うのを待っているはずだ。

これは可愛い歌だよ。
忌野清志郎『ぼくの目は猫の目』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記