FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (168)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

エネルギー問題
怒りの矛先、そのエネルギーもろとも、
その対象に直接ぶつけたら
その瞬間は気持ちいい。
しかし、それが物なら壊れるし
人ならば、倍になってその怒りが戻って来るかもしれない。

対象にぶつけるのを止して
自分の中に、その怒りを無理におさめてしまえば
肝臓あたりに支障をきたすかもしれない。

この狭間で、いろいろ按配しようと努力する。

怒りに限らず、イライラや嫉妬など、
なかなか手に余る感情も
喜ばしい感情と同じく、
人を動かすエネルギーに変わりはない。

ただ、その目指す方向が違うだけなのだ。

結論を言ってしまえば
「やいたいことがあれば、余計なことなんてやってらんない」
なのだけど
「そんなに簡単にやりたいことなんて見つからない」
という声もよく聞く。

もうちょっと正確に言うと、
「大体やりたい方向に向かっていればいいし
 まあ途中で変えても誰も何も言わないし
 とりあえず今よりは良いだろう」ぐらいな気持ちがあれば十分。

エネルギーが浪費されることも少なくなる。

儘ならない感情も、
冒頭の二つのパターンだけでなく
みんな結構うまく処理している。

お悔やみの席でみんな沈鬱な気分でいることろに
必ずと言っていいほど
未来に向かってキラキラしている新生児が現れ
場の気分を一新させる...

かなり時間をかけてお片づけについてお説教して
本人も涙ぐんで反省している様子の女の子
何を言うのかと思ったら
「これもう一個食べていい?」と
テーブルの上のお菓子を指差す...

少し視線の先、角度、広さを変えてみる。
それだけでもずいぶん違う。
そしたら、そのうちやりたいことも見つかる。

長渕剛『道』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記