FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

不謹慎もあり
謹慎というのは、
懲罰的な意味合いもあれば
浮ついたことを嫌う空気というそれもある。

前者は、ある特定の人なり集団が対象となるわけで
十分反省をしてもらわなければならないが、

後者においては、空気だけに、
その対象は特定しづらい。
だから、「不謹慎な!!」と言われたとしても
前者ほどにはピンとこない。
頭ごなしに怒られている感じさえする。

空気は、
循環することがなければ
淀みもするし息苦しくも感じられる。

ある重大な事態が発生し、
その事態がしばらく続くような状態であれば
謹慎の空気が支配的になり
みながその状態を許容している間は良いが、
様々な価値判断が生まれてくれば
なかなか一様でいられないのは当然のこと。
しかし、謹慎の空気だけは
バランスを乱し、偏りながらも、
ひそかに重みを増している...

こういうときに
無自覚であっても
不謹慎なことを言ったり、やったりしてしまう存在は必要だ。
こっぴどく怒られるだろうが
怒る方も、どこか少しホッとしているに違いない。
風穴がしばし開いて、空気が入れ替わる。

社会情勢に限らず
自身の内面についても同じことが言える。
時には、不謹慎もありなのだ。

Crazy Ken Band『てんやわんやですよ』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記