FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (31)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (102)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

続・あれから40年
昨日の文章を書きながら、
40年前の自分の姿を思い出していた。

もうちょっと正確に、と
手元にある当時の写真数枚を取り出してよく見た。
2~3歳の頃のものと5歳ぐらいのもの。

決定的な違いがある。

全く屈託のないはじける様な笑顔が
どこかしゅんとした表情に激変している。

この間に一体何があったのだろう。
職業柄気になってしまう、いや、本人だからね...
大体の見当はつくが
顕在意識での推量は当てにならない。

ヒプノセラピー(催眠療法)の中の、
年齢退行療法では、
顕在意識では、なかなか追うことが出来ない
10歳以前の記憶が、主な舞台となる。

ヒプノセラピストとしては、
セッションもお勧めするが
今日はあくまで写真にこだわる。

みなさんも、
赤ちゃんの頃から、小学6年生ぐらいまでの
自分の写真を並べて見てみるといい。

天真爛漫だった笑顔が
ある時期、急に強張ったり、憂いを含んだりしていないだろうか...
簡単な見方は、口角の上がり下がりだ。

そして、ここで大事なのは、
顕在意識で不案内な分析をするのではなく
心静かに保って、
優しいお兄さん、お姉さんになったつもりで
 ※おじさん、おばさんでもいいが(笑)
変わってしまった幼い自分に
何か尋ねてみるのもいい。
返答があれば、何かアドバイス出来るかもしれないし
返答がなくても、構わない。
そのままを受け止めてあげればいい。
そして、最後に、
自分なりのメッセージを伝えてあげると良い。

このプロセスを通じて
今の自分に変化が起こるかもしれない。

そういうわけで、ボクは手元に写真を置いている。

吉田拓郎『唇をかみしめて』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記