FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (31)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (102)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

瞑想準備
「瞑想」がちょっとしたブームなので、
ヒプノセラピストなりの提案が出来ると思う。

そのコツを一言で言えば、
『足して引く』

ヒプノセラピー(催眠療法)は
イメージ療法でもあり、
イメージを駆使して、
自らの問題を解決に導く舞台設定と進行をはかる。
※イメージといっても、視覚、聴覚、体感覚など
 クライアントにより得意タイプはある。

セッション中は、誘導により、
催眠状態(潜在意識が優位な状態)となり
深刻な場面でなければ、
基本的に、とてもリラックスした状態にある。
だからこそ、イメージもしやすい。

この状態は、実はとても「瞑想中」の状態に似ている。
その感覚を利用して、「瞑想」してみるのだ。

「瞑想」だからと言って、
いきなり無念無想、無心の境地など、ハードルが高い。
ならば、最初は、セルフヒプノにより
自分がとてもリラックスできる場面を想像すればいい。
俗っぽい舞台設定でも構わない。
先ずは、自分が心からリラックス出来ることが肝心なのだ。

慣れてくれば、その場面から
徐々にいろいろなものを消していけばいい。
その代わり、清浄かつ聖なる雰囲気を持った
シンボル的なものや光に意識を収斂させていくのもいいだろう。

『足して引く』とはこういうこと。

無念無想、無心の境地は、
ボクも知らないので、ここまでしか言えない。
でも、ここまで来れば、
きっと次のヒントは与えられるはず。
自分自身の潜在意識から...
お楽しみに。

Holly Cole Trio『Calling You』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記