FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (167)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

帰って来いよ
テレビで時折、前世療法のセッションの様子を放送することがあり
その際に、クライアントも知らない外国語や
意味不明な古代語を語り出し、
セラピストも少し呆気にとられるようなシーンが
映し出されることがある。

呆気にとられることはないが
こういう状況は十分にあり得る。

クライアントの、前世への接近方法は様々で
一定の距離、
つまりは、顕在意識(セッションスペースにいる現在の自分)を
十分に保ちながら、
前世の自分やその取り巻きを確認することもあれば、
どっぷりと潜在意識(前世の自分にすっかり成り変わった自分)の
状態に浸っている場合もある。

先の事例は、後者の方だ。

だからと言って、
そこでセッションが止まってしまうかというと
そんなことはない。
そのためにセラピストがいる。

後退している顕在意識に、
もう少し前に出てくるように促せばいい。
いろんな方法があるが、
ごく簡単なもので言えば、
前世の名前ではなく、クライアントの現在の名前を呼べばいい。

ここでも繰り返しておくが、
催眠状態(潜在意識が優位な状態)で、
完全に潜在意識が占有することはなく
常に一程程度の顕在意識は残り、
クライアントの意志の実行はいつでも可能だ。

だからこそ、呼べば、
クライアントは当然のごとく戻って来る。
だから、呆気にとられることもない。

以上のことを述べながらも
実は、セッションに入ってしまえば
あまり気にもせず、
クライアントとセラピスト、
お互いの潜在意識の赴くまま流れに任せることが、
極めて大切な要素であり、
ちょっとしたハプニングも
何かを導くサインだったりするのだから面白い。

ゴダイゴ『ビューティフル・ネーム』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記