FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

風味に遊ぶ
真実味があっても
必ずしも真実を伝えているわけではない。

真実の一端を覗けるかもしれないし
全くかけ離れたものであるかもしれない。

それでも真実に近づきたいのが人情かもしれないし
これは、様々な概念的な言葉にはついてまわる問題だ。

といっても、ここで哲学的な話をしたいわけでもないし
ボクにとってここで書くことは、
それなりに切実且つ切迫していることなので、
時間を有効に使いたい。

概念的な言葉に限らず、
より具体的なものについても、
例えば、
自分で自分自身を、丸ごと見たり、確認出来るかと言えば
ほとんど不可能だ。
繰り返すが、実際的、具体的な話として言っている。

姿見で全身隈なく映し出したとしても、
後半身は見えない。
鏡張りの部屋でかろうじて見届けたとしても
あくまで体の表面に限っている。
全てを切り刻んで中まで見やすく分解したとしても
眼球に至ったところで、ゲームオーバーとなる。

自分自身でさえも、
全てお見通しというわけにはいかないのだ。

スピリチュアルや心理療法、自己啓発の現場では
「本当の自分」とか「本来の姿」とか、
見てきたように、表現されるが
厳密に言うならば
「本当の自分風」とか「本来の姿的」とか
言った方が良いのかもしれない。
ただ、厳密であることが目的ではないので
用途によって自由に表現されればいい。

要するに、
「本当の自分」とか「本来の姿」とか
強調しすぎてしまうと
つい気張って、逆にものが見えにくくなってしまうので
「~風」「~的」「~味」などの言葉を
妥協の産物としてではなく
気軽に使って、求むべきものの、
先ずはエッセンスを感じてみるのはどうだろう。

ハナ肇とクレイジーキャッツ
『何が何だかわからないのよ』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記