FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (31)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (102)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

隣人愛の極意
わかりあえる人とだけ付き合えれば
それはそれは、楽なこと。

現実は、
友達であれ、職場の上司、同僚であれ
あるいは恋人、夫婦、親兄弟にいたるまで
なかなか全てが良好というわけにはいかない。

というより、一触即発、いや既に戦禍の中にあるかもしれない。

賢きは、一定の距離を保ちながら、ということになるが
距離とは関係なく、みぞおち辺りにいつも圧迫感を抱き、
しまいには、胃薬が手放せなくなったりする。

この問題は、
悩み相談やカウンセリングでも頻出する類のもので
ケースバイケースでもあり
取って付けたような解答はしたくないので、
ここではちょっと視点を変えてみる。

スピリチュアルなワークの一つに
自分にとって好ましくない縁やその影響を
悪縁のごとく見立てて
イメージを駆使し、断ち切るものがある。

それを行うのは自由だが
それを推奨する指導者はあまりボクの好みではない。

暴力沙汰や虐待は別として、
手前勝手に相手を悪縁と断じて、
たとえイメージであれ、排除していく思想なり、実践は
見ていて美しくない。

推奨できるワークやイメージ療法もあるが、
やはり細心の注意と、
先ずは、己を問う姿勢がなければ、みっともないだけだ。

わかりあえれば上等
わかりあえなくても、つかず離れず
いつかの和解の日を期待せずに待っていればいい。
その日のためにも
先ずは、自分が自分と和解するのだ。

これが隣人愛の極意。

吉田拓郎『まにあうかもしれない』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記