FC2ブログ
ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~

■ プロフィール

今西和彦

Author:今西和彦
1967年広島生まれ 
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業
横浜市在住


◎米国催眠士協会
 認定ヒプノセラピスト
 (National Guild of Hypnotists)
◎米国催眠療法協会
 認定ヒプノセラピスト
 (American Board of Hypnotherapy)
◎米国アルケミー催眠協会
認定ソマティックヒーリング
上級コース修了
 (Alchemy Institute of Hypnosis)
◎日本ホリスティックアカデミー
前世療法プロコース修了
年齢退行療法プロコース修了
◎QE(クォンタムエントレインメント)ヒーリング
基礎&上級&ユーフィーリング& アート・オブ・スティルネスコース修了
◎量子波ヒーラー養成コース修了(導入&S1&S2)
◎整体師
◎レイキティーチャー

■ 最新記事

■ 最新コメント

■ 最新トラックバック

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

未分類 (32)
意識 (1506)
お気に入り (652)
ヒプノセラピー (117)
セラピー (74)
からだ (136)
ビーイングセラピー (183)
ヒプノセンス (148)

■ セッション、セミナー、ワークショップ等、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

■ カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■ 全記事表示リンク

全ての記事を表示する

イライラポイント
イライラしている時には、
鼻歌さえも気に入らない。

「どうして、そんなにのん気でいられるんだ!」なんて思ってしまう。

しかし、鼻歌にも三種類ぐらいある。

一つは、
本当に気分が楽しくて、高揚して
でも、周囲の状況もあるので、
鼻歌でようやくその気分を抑えてる感じ。

もう一つは、
通りすがりに聴こえてきた曲に
ただ乗っかったような、まさしくのん気状態。

最後の一つ、
緊張を強いられる状況に臨む時、
無意識のうちに、その気分を緩和するために
つい歌ってしまうもの。

「そんなにのん気!」でないときもあるのだ。

これ一つとってみても、人の行動の真意はわかりにくい。
それを憶測して、
こちらが勝手に気分を害し、胃でも傷めようなら、
全く割に合わない話だ。

行動分析やコミュケーション術に学ぶことも一助となるが
それとて、一般化であって、万能ではない。

先ずは、自分のイライラポイントを観察してみればいい。
あるパターンを見出すだろう。
そこに、もはや他者の姿はなく、
あまり好みでない自分の分身が姿を現す。

それへのアプローチ方法は、以前ここで
『悩ましき分身たち』として説明したので
そちらをご覧いただくとして

もう少しつっこんで言うならば、

「他人にイライラすることに、
 どれだけ自分の貴重な人生の時間を使うつもりなんだ、
 それこそ、のん気過ぎやしないか!」と
一喝もありかな。

奥田民生『トランスワールド』
ユーチューブでどうぞ
スポンサーサイト



■ 検索フォーム

■ RSSリンクの表示

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ QRコード

QR


copyright 2005-2007 ヒプノセンス~熱と工夫のヒプノセラピー(催眠療法)~ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記